近くにいるだけでわかる「わきが」の独特なニオイですが、自分のニオイというのは自分自身では気づきにくいという点があり、もしも自分がこのわきがのニオイを出していたとなると頭を抱えてしまいますよね。

今回はわきがのニオイを簡単に抑えられる3つ方法を紹介していきたいと思います。

汗をかいたらすぐに拭き取る

わきがのニオイの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗が皮膚の常在菌により分解されたときに発生する副産物が原因です。

なので、汗をかかなければニオイはしないという極論に近づけさせることができればニオイはしないことになります。

このアポクリン汗腺はワキ・乳房周辺・性器周辺に分布していますので、この部分をこまめに拭くことでニオイを抑えることができます。汗をかいたらすぐにタオルやボディシートで拭くようにしましょう。

動物性食品を控える

アポクリン汗腺から分泌される成分には水分だけでなく脂質・アンモニア・タンパク質等々が含まれています。なのでこの水分以外の成分が多くなってしまえば常在菌が活発化してより分解してニオイを発するようになってしまいます。

なので肉や乳製品、油の多い料理を控えることでわきがのニオイを抑えることができるようになります。

菌の繁殖環境をつくらない

菌というのは湿気を好むので、湿気がこもるような所を作らないことでニオイを抑えることができます。いわゆるムレる状況のことを指しますが、それは毛の多い部分や密閉された部位で起こりやすくなります。

一番できる効果的なことはムダ毛を処理するということです。毛があると蒸れやすく汗が乾きにくくなってしまいます。ワキは問題ないかと思いますが、陰部を全て剃ることに抵抗があるかと思います。ただし、ニオイについて言うのであれば陰部周辺も剃ることをオススメします。

普段から気をつけていることでニオイを抑えることが出来ますが、やはり他の方よりもニオイに関して気をつけなければいけないというのはとても手間がかかりますしストレスにもなります。

どうしても手間をかけたくないという人にでも、手術でアポクリン汗腺の数を減らす手法があるので、まずは一度上記の事を試して長く続けられるかどうか試してみてください。