スキンケアで一番おすすめな美容成分は、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、美白効果で有名ですが、アンチエイジングやニキビケアなどにもマルチに効果を発揮してくれる美容成分です。
(ビタミンC誘導体とは、ビタミンC(Lアスコルビル酸)で、その安定性と吸収性を改良したものです)

ビタミンC誘導体には素晴らしい効能があります。

①抗酸化作用があります。

老化の原因となる活性酸素を抑えてくれます。

②美白効果があります。

できてしまったメラニンを還元して、シミや色素沈着を防ぐ働きがあります。

③アンチエイジング(しわ・たるみの防止)効果があります。

肌のハリに必要なコラーゲンを増やしてくれます。
更に、紫外線によるコラーゲンへのダメージを抑えます。

④毛穴のケアに効果的です。

皮脂の分泌のコントロール作用があるので、毛穴の黒ずみを解消したり、毛穴を引き締めます。
⑤ニキビのケアができます。
皮脂の酸化を抑えるので、ニキビができにくい肌に整えることができます。
また、ニキビの痕や色素沈着、凹凸をなめらかにしてくれます。

ビタミンC誘導にはいくつか種類があります。
どれも基本的には美白効果や肌の透明感を出す効果はあるそうなのですが、持続時間や吸収性に違いがあります。肌質や目的にあったものを選ぶといいそうです。

○アスコルビルリン酸ナトリウム(APSとも呼ばれます)は、ベーシックなビタミンC誘導体です。肌の吸収率も高く、リーズナブルです。
使いやすく、濃度を高くすることもできるそうで、皮膚科でも良く使われるそうです。

浸透するのも早く、皮脂の抑制効果も優れているので、毛穴の引き締めやニキビの予防に適しています。

○アスコルビルエチル(VCエチル)は、ビタミンC誘導体の中で一番分子が小さいので素早く浸透し、付けた直後から効果を発揮します。

即効性があるので、UV-Aを浴びてすぐに黒くなるタイプの人、色素沈着が気になるには適しています。

○パルミチン酸アスコルビルリン酸Na(APPSとも言われています)は、新型のビタミンCで、浸透性がずば抜けています。浸透率は他のビタミンC誘導体の100倍とも言われています。シワ・たるみ防止、ニキビ跡のケア、ホワイトニングなどに効果が期待できます。マルチ型のビタミンCです。

○テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビル(VCIPとも呼ばれています)は、ゆっくりと浸透していくので効果の持続性が高いビタミンC誘導体です。油溶性なので、クリームに混ぜて使うこともでき、保湿効果も高いのが特徴です。

一般に売っているものは、濃度が1%~2%で、クリニックなどで処方されるのは5%~6%だそうです。
濃度が高ければいいわけではないそうです。

乾燥肌の人などは、濃度が高すぎると肌がドライになり敏感肌になってしまうこともあるそうなので注意が必要だそうです。

優れた効果がいっぱいのビタミンC誘導体ですが、私がおすすめなのは、ビタミンC誘導体をイオン導入することです。

美顔器のイオン導入は、微弱な電流回路を作り、美容成分を肌のバリア機能を通過させ、奥に浸透させる機能です。
これでビタミンC誘導体を更に浸透させることができます。

水溶性のビタミンC誘導体でなければイオン導入はできないので、APSかAPPSを使っています。
また、ビタミンC誘導体と相性が良いビタミンE誘導体を一緒に使うと相乗効果が得られるそうです。

私はビタミンC誘導体を使うようになってから、シミは増えていませんし、肌には透明感が出て色も白くなった気がします。
イオン導入した翌日は肌もふっくらしています。

ビタミンC誘導体は、特に紫外線が強くなるこれからのシーズンには、イチオシの美容成分だと思います!