シミに悩んでいて、お手入れしてもなかなかとれなくて悩んでいませんか?
ここでは、シミを薄くするために毎日続けたい5つのことをお伝えします。

紫外線予防のためにパウダーファンデーション

日焼け止めといえば、クリームやローソンを思い浮かべる方が多いですね。
しかし日焼け止めクリームは汗で落ちたり、使用料を守るとべたついたりします。
毛穴をふさいで窮屈に感じたり、肌に負担がかかります。
そこでおすすめなのが、パウダーファンデーションでUVカットの表示がなくても紫外線散乱剤を含むので効果があります。
ファンデーションの粉浮きに悩んでいる方は、下地クリームの代わりに保湿クリームをつけておきましょう。

美白化粧品は毎日

美白化粧品は、日焼けした後や夏だけに使う方がいますが毎日のお手入れで必要です。
これからつくられる、メラニン色素を低下させる作用があるからです。
化粧水や美容液、クリームといろいろな商品があるので迷う人も多いですね。
パックのように3日に1度使うものや、洗顔料のように流れてしまうものはやめて毎日使う化粧水や美容液を選びましょう。

ビタミンCの食品を

ビタミンCは抗酸化作用が強く、メラニン色素を作るチロシナーゼを抑制してくれる効果があります。
食品でとるときは、熱に弱いのでできるだけ生で食べるか蒸して食べるようにしましょう。
果物ならいちご、キウイ、みかん、野菜は、ブロッコリー、ピーマン、パプリカに多く含まれています。

肌の状態でお手入れが違う?

紫外線を浴びたときの、肌の状態でお手入れ方法が変わってきます。
顔が赤くなって黒くならないタイプの方は、メラニンを作る力が弱く細胞がダメージを受けやすいです。
日焼けしたとは、肌を冷たいローションで十分に冷やしてから保湿対策を行いましょう。

赤くなってあとで黒くなるタイプの方は、メラニンができやすいのでシミになりやすいです。
毎日美白化粧品を使って、お手入れをしましょう。

日焼けしてすぐに黒くなるというタイプの方は、細胞を守る力は強いです。
しかし、赤くならなくて日焼けに気づかないことが多いので毎日のお手入れを忘れてしまわないように注意しましょう。

ビタミンC誘導体

日焼け対策で有名な成分が、ビタミンC誘導体です。

メラニンの生成を予防するだけでなく、メラニンを還元して肌のターンオーバーを促進するいい面がいっぱいです。
活性酸素抑を除去してくれる働きもあるので、肌の老化を予防することもできるのが魅力です。

水溶性で肌に吸収されやすいので、化粧水にも含まれている成分なのでとりいれましょう。

○最後に

しみを薄くするために毎日続けたい5つのことを、お話しました。
スキンケアも大切ですが、体の内側からもケアすることで肌に変化があります。

内側からのケアで、血流がよくなるとしみだけでなく肌荒れやくすみもだんだんよくなってきます。
すぐにできることばかりなので、今日から実践してしみを改善して健康な肌を作りましょう。