綺麗な肌を保つには、お肌のターンオーバーが鍵になってくるというのは有名ですよね。
でも、ターンオーバーって一体なんなのでしょうか。

お肌

皮膚のターンオーバーって?

皮膚のターンオーバーとは、皮膚の新陳代謝、皮膚細胞が生まれ変わることを指します。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織からでき、表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4層構造になっているそうです。
基底細胞が基底層で誕生するとその基底細胞は、有棘層で有棘細胞に、顆粒層では顆粒細胞に、そして角質層で角質細胞にと変形しながら肌の表面へと押し上げられます。角質層まで細胞が来るには14日かかり、そこに到達した細胞は角質細胞と変わり、垢となって剥がれ落ちます。
このように皮膚が絶えることなく常に生まれ変わっている様子をターンオーバーというんですね。
傷などが日を重ねると綺麗な元の状態に戻るのも、このターンオーバーのおかげなんです。
ですが、子供の頃の方が傷の治りは早いと言われるように、大人になるにつれて徐々にターンオーバーは遅くなるんだそうです。
年齢を重ねると、シミなどが残ったりするのもこれが原因なんですね。

ターンオーバーの正常化って?ターンオーバーが正常でないと何が起こるの?

先ほど書いた、年齢を重ねた肌のターンオーバーを理想の周期に整えることがターンオーバーの正常化です。
正常なターンオーバーの周期は約28日間だとされています。
ターンオーバーが遅いと、肌がくすんできたり、シミが増えるだけでなく濃くなったりなどの症状が現れます。傷なども治りにくくなってしまったり、痕になったりすることもあるんです。
更に、ターンオーバーは早くても駄目なんです。角質ケアや洗顔をしすぎると、ターンオーバーは早まってしまい、ターンオーバーが早いお肌はさまざまなトラブルを引き起こします。
肌がカサカサしたりガサガサしたり硬くなったり、シミやシワが増えるのもそうですし、大人ニキビもできやすくなります。更に、過敏さが増したり、赤み、湿疹などのトラブルも見られます。
また皮脂が多く存在する場所には、皮脂や汗が更に増えべたつきやテカリに繋がったり、毛穴や毛穴の黒ずみが目立ったり、角栓ができたりもするんです。
これって、肌に関するトラブルほぼ全てだということに、お気づきになられましたか?
角質ケアや洗顔には大きな落とし穴があったんですね。

ターンオーバーが乱れやすい時期って?

ターンオーバーにも乱れやすい時期があるってご存知でしたか?
まず季節ですが、夏と冬に最も乱れやすくなると言われているんですよ。
夏は紫外線量が最も多く、肌に大きな負担がかかるので、ターンオーバーが乱れやすいと言われています。
冬は気温や湿度が急激に下がるので、体温も下がりやすくなることで、体全体の代謝が下がり、ターンオーバーの乱れに繋がるんだとか。
この二つの季節には、要注意ですね。
そしてターンオーバーが乱れやすくなる年代ですが、40代後半から50代だと言われているそうです。こちらは更年期と呼ばれる年代で、ホルモンのバランスが大きく変化することが有名ですよね。
ターンオーバーにはホルモンバランスも大きく関わっているので、ホルモンバランスが乱れてしまうことによって、ターンオーバーも乱れてしまうんです。
この頃から、くすみやシミなどに悩む人が増えてくるのもターンオーバーが関わっていたんですね。

ターンオーバーを正常化するためにできること

さて、ターンオーバーがお肌を悪化させることは十分に分かりましたが、ターンオーバーを整えるには一体どうしたらいいんでしょうか。
まずは、正しいスキンケアを心がける事が大切になってくるので、しっかりと肌の潤いを保ちましょう。
肌を健やかに保つために、保湿をするということは必要不可欠ですよね。洗顔をした後は、必ず化粧水と乳液でしっかりと保湿を行い、乾燥を防ぎましょう。保湿成分が入った美容液などもあると、尚良いですね。
他にも、栄養バランスの良い食事を心がけることも大切です。タンパク質を、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどをバランス良く摂り入れていきましょう。
そして、やはり一番大切なのは睡眠ですね。ターンオーバーが行われるのは眠っているときなので、しっかり睡眠を取りましょう。
更に血行の促進のため、適度な運動を行うのも大切だと言えます。
勿論、紫外線を過剰に浴びすぎるのもNGなので、しっかりと日焼け対策をしましょう。
お肌のトラブルに悩んでいる方は、自分の肌のターンオーバーを見直してみてはいかがでしょうか。
ターンオーバーをしっかり正常に戻すことで、お肌のトラブルが改善されるかもしれません。