お肌を常にきれいに保ちたいと思うのは、女性の永遠のテーマでしょう。
そこで、ここでは、アンチエイジング効果のある毎日食べたい食材をいくつかご紹介したいと思います。

まずは何と言っても、レモンでしょう。

レモン以上にビタミンCを豊富に含んでいる食材はないと言われていたほど、それを多く含んでいます。
ビタミンCには、ニキビを防止する効果はよく知られていますが、それ以外にも肌をプルプルに保ってくれるコラーゲンの生成をサポートしてくれるという役割も持っています。

もちろん、抗酸化作用で直接的なアンチエイジング効果もあり、アンチエイジングには欠かせない食材です。

レモン水を作ったり、食べ物にレモンをかけて食べるなどすると良いでしょう。
ちなみに、豚肉にクエン酸を含む(レモンも含んでいます)ものをかけて食べると、疲れをとる効果もあるので、見た目年齢も若く見えるかもしれませんよ。

その次は、バナナです。

意外かもしれませんが、抗酸化作用の高い食材ですので、朝一に食べましょう。
朝一に食べることで、腸に刺激を与える繊維質な食べ物ですから、便秘防止効果で肌トラブルを防ぐこともできます。
ポイントとしては、朝一でバナナを食べた後、30分してから他の物を食べれば、その30分でバナナは完全に消化し、体の中に果糖が残らないので、太る心配もありません。

もう1つは、緑黄色野菜です。

これは、体を健康に保つためにもよく摂取するようにと言われていますよね。
ベータカロチンが豊富に含まれており、この成分がアンチエイジング効果をもたらせてくれるのです。
これがビタミンAに変化するのですが、そうなることで、肌荒れを防ぐと同時に、病気も防いでくれる効果があるので、健康と美を一気に手に入れることができます。

朝昼晩、緑黄色野菜を何種類か使ったごはんを取り入れることで、きれいなお肌をキープできますので、できるだけ毎日毎食手作りのごはんを摂取しましょう