ダイエットにおいて体重を減少させるためには、食事面を変えていくより、運動をしたほうがはるかに効率が良く必ず効果が出るとされています。

まず何から始めていけばいいか、それは基礎代謝を上げることです。そもそも基礎代謝とは何かというと、何もしていなくても消費されるカロリーのことを指します。人間は寝ているだけでさえカロリーを消費しています。

その消費カロリーの大きさというものは基礎代謝によって非常に大きく変わってきます。ではこの基礎代謝をどうやって上げるのかというと、トレーニングによって上げるのが最も効率が良いとされています。基礎代謝の良し悪しを決める要因となるのは、体の筋肉量の多さです。つまり筋肉が多い人は、必然的に代謝が良くなり、逆に筋肉が少ない人は、必然的に代謝も悪くなってしまうというわけです。

本当に痩せたいと思うのであれば、ウェイトトレーニングが一番効率の良い方法です。これは不思議に思う人が多いかもしれません。ウェイトトレーニングをしてしまったら余計に筋肉がついてしまうと思っている人が多いと思います。

実はそれは間違いです。ウェイトトレーニングの後に筋肉に栄養を与えることによって、筋肉は大きくなっていくという仕組みになっています。しかし、その逆でウェイトトレーニング後に栄養を摂取しなければ、身体は脂肪を燃焼し筋肉への栄養と変化させます。

つまり、ウェイトトレーニング後に栄養を取らなければ早く痩せていくことは可能です。しかし、ウェイトトレーニングをするためにはある程度の専門的な器具が必要となってきますし、ジムに通うにもお金がかなりかかってしまいます。

では、どうしたらいいか。その答えは、運動の内容によります。有酸素運動と無酸素運動をすることにより、ダイエットの効率が非常に上昇していくことになります。有酸素運動の代表的な例として挙げられるのはウォーキングです。

無酸素運動の代表的な例として挙げられるのはウェイトトレーニングを含めた筋力トレーニングです。では、この2つをどうやって組み合わせていくか、その重要なカギは順番にあります。

先に有酸素運動に取り組んでから、無酸素運動に取り組むことで効率が上がります。体育などのアップでもそうですが、メインの運動に取り組む前に必ずアップをして体が動きやすい状態にしていました。

それと同じで、最初に有酸素運動にとりくむことにより脂肪がより燃焼されやすい状態になります。

そのあとに無酸素運動を行うことにより、結果が出やすい状態になります。ですが、やはり一番大事なのは短期間で結果が出ないからと言い諦めてしまうことです。運動をきちんとすることで必ず痩せることは可能です。ダイエットをするうえで最も大切なこと、それは継続力なのは間違いありません。