食べ物でニキビケアができる

10代の頃にできる思春期ニキビや社会人になってから悩まされる大人ニキビは、栄養素をしっかりと摂取することでニキビケアができます。
体に必要な栄養素は同じで、抗酸化作用が期待できるビタミンCやB群、DHAを含む魚、植物性タンパク質、発酵食品など二なります。そして、脂肪の多い食品やや砂糖がたくさん入った甘いものを避けるようにします。

オメガ3脂肪酸を摂取できる魚

ニキビケアには、お肉よりも魚がおすすめです。オメガ3脂肪酸を摂取することができます。抗炎症効果は、肌にも効きます。サーモンやサバ、ニシンやイワシなどが代表的です。魚の脂は血液サラサラ効果があり、血の巡りが改善されます。ニキビの原因の一つである、毒素や老廃物の排出を促してくれます。

ヘルシーなココナッツオイル

ココナッツオイルは、ヘルシーな飽和脂肪として人気があります。食事にピッタリで、積極的に食事に摂り入れることができます。脂溶性のビタミンA、D、E、Kを吸収することができます。肌の艶も良くなります。

甘酸っぱくておいしいベリー類

ストロベリーやラズベリーなど赤くてかわいく、甘酸っぱいのが魅力です。ヨーグルトと一緒に食べても相性が良いので、毎日飽きずに食べることができます。ベリー類は甘さが強いのですが、糖分が低く手軽に食べることができます。皮膚の再生や免疫を高める働きがあるビタミンCがたっぷり入っています。コラーゲンの生成を促す効果があり、健康な美肌を目指せます。

毎日食べたい緑黄色野菜

緑黄色野菜は、食事取り入れやすく、ビタミンCやAが豊富です。色が濃いくカラフルな色をしています。ナスやニンジン、さつまいもなど、年中売っている野菜がたくさんあります。おいしく食べて、ニキビ対策を行います。

体を温めるショウガ

ショウガは、素材をおいしくしたり、体を温めるだけでなく様々な効果があります。痛みや吐き気を緩和、消化吸収、免疫機能や代謝機能の促進に効果があります。ショウガには抗炎症性の成分が含まれており抗酸化物質として、肌を健康に保つことができます。体の調子を整えて、体の中から肌をきれいにしていきます。

色々なものを食べる

偏った食事をしていると、ニキビができやすくなります。様々な食材を取り入れることで、体の中から健康になり肌の調子が整います。ニキビができにくい美肌を目指すことができます。

皮膚科のニキビ薬はディフェリンゲル。
ディフェリンゲルの通販情報